家族で愛犬のしつけをする時のポイント

愛犬のしつけをする上で重要となることが、ルールを統一しておくことです。

家族で愛犬のしつけをする時のポイント
しつけで重要なのはルールを統一しておくこと

一人でしつけをする場合は、自分が決めたルールに沿ってしつけをしていくと良いでしょう。ただ、家族と一緒に愛犬を迎える場合は、人によって愛犬に対する接し方や、しつけのルールが変わってくることは少なくありません。

同じことをしても、目の前にいる家族が誰かによって、怒られたり褒められたりする状態では、愛犬が混乱してしまうことになります。何が正しいかを判断できない状態が続けば、どれだけ頑張ってしつけをしようとしても、なかなか家のルールを覚えて貰えない状態となることは少なくありません。

そのため、家族で愛犬を迎える際には、してはいけないことや覚えて貰いたいことなどを事前に話し合い決めておくことがおすすめです。どの家族も、同じルールで接する形を心がければ、愛犬も家のルールを覚えやすくなるでしょう。

そんな家族でのしつけの際に注意しておきたいことが、甘やかす人の存在です。事前に話し合いをしていても、愛犬可愛さについ甘やかしてしまう人が出ることは珍しくありません。どうしても愛犬を甘やかしたいという家族がいる場合は、褒める際のルールも決めておくと良いでしょう。

悪いことをしても、可愛いから、可哀想だからという理由で甘やかしているのではしつけにはなりません。ただ、悪いことをした時に叱るだけがしつけではありません。言われたことを守れば、しっかりと褒めることも大切です。甘やかしたいのであれば、褒められることをした時に全力で甘やかすなどのルールを決めておけば、愛犬が混乱しにくい状態を作れるでしょう。さらに、しっかり褒めることで、愛犬の幸福度が上がることになります。

ただ、甘やかす際に欲しがるままにおやつをあげてしまうと、餌を食べなくなったり、肥満になってしまったりする原因となります。甘やかす場合であっても、犬の健康やこれからのことを考えて接することが大切です。

PR|生命保険の口コミ.COMクレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣エステサロンを上手に利用する情報サイトAGAお悩み相談.com美容と健康女性ランキング注文住宅のための用語集カウンセリングのお悩み解決サイトマーケティング経営研究.net